住宅ローンが払えない 任意売却

住宅ローンが払えない

住宅ローンが払えないの関連記事
  1. 住宅ローンを払えない場合に行うこと
  2. 住宅ローンが払えないときにはここにも相談を
  3. 住宅ローンを払えない 任意売却で済み続けることができる?
  4. 住宅ローン払えない、債務整理をしなきゃダメ?
  5. 住宅ローンを払えない 任意売却をしたいがデメリットはないの?

 

住宅ローンを払えない場合に行うこと

住宅ローン返済が払えないときではなく、経済状態が悪化していき、住宅ローンの返済ができなくなりそうという時点で必ず金融機関に相談してください。
この、滞納前の相談後の相談では、金融機関の対応が大きく変わります。

 

詳しい理由などは言わなくても良く、給与が下がった、生活環境が変わったなどでもいいのです。
カードローンなどの他の借金の返済をしている場合もあるでしょう。
しかし、それを言わずに住宅ローン返済の相談だけをしても良いのです。
他の借金返済をしていることは隠し通せるものではなく、金融機関もわかっていることですから、とにかく、今は住宅ローンが払えないとはっきり言いましょう。

 

以前は、ここで門前払いだったようです。
返済額を小さくしたり、返済期間の延長という対応は全くなしで、では保証人に建て替えてもらうか、競売ですねということだったようです。
しかし、昨今の経済事情では、住宅ローンの返済が困難な方が多くなっていて、金融機関としても不良債権にはしたくない事情があります。

 

連帯保証人がいるのであれば、その方にも一言ことわりを入れることになります。
そして、当然自分が返済ができないのであれば、保証人が全てかぶることになります。

 

それは絶対に回避したいけれど、このまま行くと絶対にダメ、というときの解決法として、任意売却があります。
これは競売と違い、住宅ローンを破棄して、その物件を市場に出してしまうのです。
競売と同じく家は手放すことになりますが、市場価格は競売よりも高く売却されることがありますから、うまく行けば住宅ローンの返済分以上の売却も可能です。
ただし、債権者の同意が必要になります。

 

債権者の同意があれば、この方法が一番の得をする解決になります。

 

▲上に戻る

住宅ローンが払えないときにはここにも相談を

住宅ローンの返済が困難になりそうと予想するとき、一応任意売却専門業者に相談を持ちかけてみてください。
任意売却と言うのは聞きなれない言葉ですが、住宅ローン返済ができない方の救済策の一つなのです、

 

もし返済が困難になった場合、数ヶ月での回復が見込まれるときには、すぐに金融機関に対応をしてもらってください。
新しい返済計画などで、なんとか返済できるのであれば、契約の書き換え手数料などで、数十万円かかることもありますが、それでもその先新しい住宅ローンの返済ができれば、問題はありません。
任意売却は、一応家を手放す方向で考える手段で、競売よりも得をする売却をするものと考えて良いでしょう。

 

住宅ローンは数ヶ月滞納をすると、督促などがきますが、ある時一括返済の請求がきます。
もちろんそんなのは返済できる状況ではないので、そういうことなら競売というのが普通のパターンです。
しかし、任意売却のときは、ここからその家、売りましょう。
そして、その利益で、住宅ローンの返済をしましょうという展開になります。

 

住宅ローンを完済することも可能ですが、残念ながら家は残りません。
しかし、借金もなくなったり、引っ越し費用も捻出することができ、ある意味新しいスタートを切ることができます。

 

借金に苦しむ方には債務整理の方法もあります。
自己破産になったとき、家を手放すと同時に借金もゼロになりまし、住宅ローンの支払いの責務も負いません。
任意売却と大きく違うのは、引越し費用もなく、返済をしなくても良くなったというだけで、後の財産なども残らないのです。

 

任意売却なら、家だけの処分になりますから、再スタートも切りやすいことと、一応住宅ローンの返済をしたという自負は残ります。
精神的な違いだけかもしれませんが、この差はこれからの人生において、気持ち的に大きく違います。

 

▲上に戻る

住宅ローンを払えない 任意売却で済み続けることができる?

住宅ローンを払えなくなったときには、競売に至ることが多いです。
金融機関へ相談をしたとしても、連帯保証人も払えないのであれば、手放すしかないのです。

 

そんな方の対処法として、任意売却があります。
任意売却専門業者は、競売かかけられる前に市場に出して売却をする方法です。
競売は落札価格ですが、市場価格に出すことで、高く売却することができます。
ですから、住宅ローン支払いに回すことができ、金融機関としても不良債権にならずに済みます。

 

そして、この市場価格で売りに出したときに、親族や友人に売却をできたらとしたら、その方の承諾を得ることで、その家に住むことも可能です。
任意売却専門業者では、このような案内もしています。

 

例えば、Aさんが住宅ローンを払えない状況になったとします。
そして、親族のBさんが任意売却によって、その家を所有します。
その家はBさんの所有になります。
話し合いをした上で、Aさんが住まわしてもらい、家賃のような形でBさんに毎月一定の支払いを行い住むことができます。
その金額が、Bさんが任意売却で出した金額に近ければ、将来的にAさんの所有になることも可能なのです。
Bさんの寛大な承諾を得てのことですが、これなら近所でも所有権が変わったことだけで、任意売却とは気が付かれません。

 

この買い戻しは、Aさんに一定収入があり、将来にわたってBさんに支払いができることを約束可能な場合の成立です。
親子であれば、このような確約はないかもしれませんが、親の場合は、住宅ローンの払いが滞納前に手助けをすることでしょう。
これは、第三者的なBさんの存在によって成立することです。

 

任意売却は、売却してしまったら終わりではなく、その後の展開で思いもしない結果になることが多いです。
競売では絶対にないメリットがありますから、もし住宅ローンが払えない状況になったときには、一つの解決方法として検討してください。
ただし、給料がないとか、先の見通しが立たない場合は、この話はないと思ってください。

 

▲上に戻る

住宅ローン払えない、債務整理をしなきゃダメ?

住宅ローンを払えないときには、すぐに金融機関に相談をしてください。
・返済期間の延長
・一定期間の返済額の減少
・ボーナス返済月の変更
の対応はしっかりと行ってくれます。
これは必ず滞納前に行うことですから、払えないときではなく、払えなくなりそうというときの対処法です。
どうして金融機関では、このような対応ができるか?というと、実はローン総額が増えるからです。
金融機関は損をしないのです。

 

しかし、滞納をしてしまった場合は、その対応が急変します。
3〜6ヶ月程度の滞納で、保証会社が返済をしてしまうと、延滞利息付きで一括返済の請求がきます。
これを払えなかったら、競売物件となってしまうのです。
これは、最初の契約のときに取り交わしたもの(多分契約者をくまなく見る方は少ないでしょう)ですので、当然の対処となります。

 

住宅ローンだけではなく、他の借金返済もあり日常生活が苦しい場合もあります。
そのときには、毎月の返済額を確認した上で、債務整理なども考慮して、住宅ローンをどうするかを真剣に考えてください。
もし、住宅ローン以外の借金の債務整理をした時、住宅ローンの返済ができるのであれば、民事再生(個人再生)の形で、住宅ローンの支払いだけをして、後の借金を大幅カットすることができます。

 

反対に住宅ローンがなければ、他の借金返済ができる、住宅ローンの負担が大きい場合は、任意売却の解決法を探ってみてください。
競売に至る前の時点で、自宅を売却することができれば、うまく行けば住宅ローンの返済ができる可能性があります。
残念ながら、家は失いますが、後は普通の日常生活に戻ることができます。
その上で、まだ借金返済ができないのであれば、そちらを別で債務整理をすると負担は大幅軽減することができます。

 

この住宅ローンにしても借金にしても滞納前の対処が大切です。
素人ではわからない、どうしたら良いか不安な方は、法律事務所や弁護士にご相談ください。
無料で対応してくれるところもありますから、必ず滞納前の早め早めの行動が功を奏します。

 

▲上に戻る

住宅ローンを払えない 任意売却をしたいがデメリットはないの?

住宅ローンを払えない場合の任意売却ですが、うまく行けば借金の住宅ローン完済もでき、家は残らないのですが、穏便にことが済むと思っている方も多いです。
ただ、競売物件を任意売却物件に変える手間はとても大変です。
任意売却専門業者に依頼をすることですが、業者選びは慎重に行ってください。
債権者の同意から始まる交渉は、時間がかかることも多いです。

 

住宅ローンを払えない物件は、そのままにしておいたとしても利益を生みません。
任意売却として市場価格で売りに出しますが、なかなか買い手がつかないとき、損が大きくなって早く競売物件にして、お金の回収をすることも多いです。
要するに時間との戦いになります。
任意売却はうまく行けばメリットが多いのですが、一応デメリットもあるのです。

 

ところで、任意売却は債務整理ですか?という質問もあります。
債務整理と言うのは、最初に行った金銭貸借の契約を変更をすることを言います。
任意売却はその趣旨から行くと、債務整理の一つと言えるでしょう。
そして、債務整理というと、ブラックリストの存在が気になりますが、ブラックリストとは、個人信用情報機関が持つ、個人の貸借の記録だと思ってください。
要するに、滞納をした時点で、その方は滞納をしていますと記録が残るようなものです。

 

各金融機関では、この個人信用情報機関をもとにローン契約を結びます。
ですから、債務整理をしたからブラックリストではなく、滞納をした時点で個人信用情報機関に報告が行くということになります。
したがって任意売却の場合、滞納前であればセーフか?というと、一応契約を遂行できなかったという記録により、いわゆるブラックリストに載ることになるでしょう。

 

▲上に戻る