住宅ローン払えない 売却

住宅ローンが払えない、即売却ではない

住宅ローンが払えない事態に陥ると、いくつか選択しなければならないことになります。
普通なら、そのまま競売物件になってしまいます。
債権者である金融機関では、住宅ローン残額回収のため、家を売りに出します。
正確には、住宅ローン払えない状態になると、保証会社が支払うのですが、今度は債権回収会社から、債務者と保証人に請求が行きます。
この時には原則一括返済です。
両方共に払えないことになると、競売になります。
これが一般的な流れです。

 

ただし、一口に住宅ローンが払えないと言っても、様々なケースがあります。
それは

住宅ローンだけが払えない

例えば、ボーナス併用だったけれど、ボーナス分だけが払えない
毎月数万円ダウンになれば払える
この2つのケースの場合は、金融機関に相談に行きましょう。
競売や自宅売却を考えず、ローンの変更でなんとかそのまま住宅ローンを継続できる可能性があります。

 

他にも借金がある

これは債務額にもよりますが、毎月の諸々の返済の中に住宅ローンがある場合、債務整理がおすすめです。
住宅ローンだけでもなんとか払えて、あとは払えない場合は、個人再生の手段を取ることで、家だけはそのままで、あとの借金を大幅に減額することができます。

 

とにかく返済ができない

まず、収入がある程度一定の場合とそうではない場合があります。
収入があるときには、とりあえず債務整理で借金そのものを整理してから、任意売却の方法をとります。
債権者の同意の元、家を市場に出すことで、市場価格(競売よりも高い)で売却をして、住宅ローンに充てる方法です。
買い手の同意を得られると、そのまま賃貸契約も可能な場合があります。

 

一定収入がない場合でも、任意売却で市場価格で売却後、その後の生活の立ち直しができます。

 

生活そのものが苦しい

いろいろな選択の中で、債務整理でも自己破産がおすすめです。
家も競売で失いますが、その他の借金もゼロになる可能性があります。
そこからの再出発です。

 

住宅ローンが払えない背景にある事情を考え、自分でできる選択肢を検討してみてください。
一定収入がある場合は、即競売にならない事もありますから、売却をするにしても、任意売却での可能性を第一に話を進めることをオススメします。

住宅ローン払えない 売却記事一覧

住宅ローンが払えない状態になる前に、必ず生活費の見直しをオススメします。債務整理や任意売却などの方法は二の次としても、住宅ローンという固定出費の捻出をやってみることです。ここで、絶対に行ってならないのが、消費者金融などからの借入です。住宅ローンの支払いのために借入をすることだけは厳禁です。まず最初に行うのが、金融機関への相談です。返済額の減額を検討してもらってください。信頼の意味でも、金融機関では...

住宅ローンは多額です。毎月の返済が大変になってきたとしてもね、滞納をしてしまうと競売で、家を失うリスクがあります。債務者が団体信用生命保険の対象になる以外の返済不能では、容赦なく家は失ってしまいます。金融機関にとっては、競売になることは不本意なのです。順調な住宅ローン返済と比較をしても、競売になってしまうことは回収率が大幅に現象してしまうからです。そのための保険にも入っていますが、本来は最初の住宅...

住宅ローンが払えないと すぐに退去しなければならない事はありません。住宅ローンは、たいてい毎月の返済額が決まっていて、それを1回までは、次の月に2ヶ月分の返済で解決ができます。ただし、2回滞納してしまった時点で、いきなり残額一括返済の請求がきます。この時点で2ヶ月経っています。滞納してしまうと、金融機関からの連絡が当然入ります。このときには、催促の内容ですが、実は返済額の変更などの提案であることが...

住宅ローンが払えない時の任意売却ですが、メリットはとても大きいです。中でも、買い手の承諾があれば、その家に住み続けることできるかもしれません。実際に、不動産会社では、リースバックの形で、競売前の任意売却の物件で手広く賃貸をしているところもあります。このリースバックですと、損をする方が少ないのが特徴です。住宅ローン払えない本人が、他人の家だけど、もともとは自分の家に住み続けることができる上、住宅ロー...

住宅ローンが払えない状態になった時には、どのようなことが起こるのかはだいたい想像がつくと思います。銀行などからの請求、保証会社からの請求を経て、競売物件になってしまいます。この時に注意しなければならないのが、連帯保証人がいる場合です。住宅ローン契約者本人は、支払いができない、家を売れば良いと考えますが、その前に連帯保証人のところへ請求が行きます。それも保証会社からの一括返済です。分割ではなく、払え...

住宅ローンが払えないと、金融機関では、再三請求をした後、債務者ではなく連帯保証人経同じ請求をします。そのときに、そんなのは知らないといったとしても、連帯保証人の責務能力は債務者と同じですから、逃げることはできません。夫婦で住宅ローンを組んだ時に、夫が債務者本人で妻が連帯保証人になることは多いです。この時に、住宅ローン返済が困難になった時に、すぐに離婚をしていたり、別居状態だとしても、妻は連帯保証人...

住宅ローンの返済が負担と感じられるようになったときには、銀行など金融機関へ相談に行きましょう。返済額を小さくしたり、返済期間を長くする、一時的に利息だけの支払いなどの対処がありますが、これは払えないのが一時的なものであり、これから先永遠に払えない状態が予想される場合は、相談内容は変わってきます。じゃ競売にしましょうかと簡単に話は終わりません。そこで任意売却の話が出ることがあります。とはいっても、素...

任意売却と言っても勘違いしないでほしいのが、売却価格です。2000万円で購入した新築だとしても、既にそれは中古住宅。使っただけ価値は下がりますし、2000万円では売れないです。また、不動産会社が仲介することになりますから、普通の住宅購入同様に多額の手数料もかかります。もちろん儲けのための売却ではないのですが、できれば少しでも高く売却をして、手元に残るお金はほしいところですが、幾らで売却できるかは不...

住宅ローンが払えない時に、この家を売ってお金を作る。これができるのは任意売却です。しかし、勝手に動くことは絶対に出来ません。ローンの間は、金融機関が所有権があります。これは家だけではなく、車もそうです。カーローンなどは、ローン完済時に、名義を変えますが、家も同じです。ですから金融機関の家を売ることになりますから、必ず同意を得ることになります。これが比較的、同意しやすいのですが、その理由は、競売より...