住宅ローン 任意売却 誰にも迷惑をかけない方法

住宅ローンと任意売却 誰にも迷惑をかけない方法

住宅ローンが払えないと、金融機関では、再三請求をした後、債務者ではなく連帯保証人経同じ請求をします。
そのときに、そんなのは知らないといったとしても、連帯保証人の責務能力は債務者と同じですから、逃げることはできません。
夫婦で住宅ローンを組んだ時に、夫が債務者本人で妻が連帯保証人になることは多いです。
この時に、住宅ローン返済が困難になった時に、すぐに離婚をしていたり、別居状態だとしても、妻は連帯保証人として、夫の支払えない分の住宅ローンを肩代わりしなければならないのです。
離婚と連帯保証人解消は別ものです。

 

いわば、残債務に関しては、一心同体なのです。
債務者の返済能力が低くなって、住宅も競売になってしまう事態になったとき、任意売却の方法があります。
完済前の住宅を売却してしまうのですが、これなら、残滓の請求が連帯保証人に行くことはありません。
しかし、同意は必要です。
また、金融機関の同意も必要で、抵当権がある分、銀行の意向は大切です。

 

任意売却で目指すのは、住宅ローンの一括返済ができるだけの売却です。
ときには不足分も出ることはありますが、そこは銀行などと話をして、とにかく完済をして、この住宅ローンを終わらすことです。
途中払えなくなってしまったペナルティとして、住宅が手元に残らないと言うのは悲しいことですが、踏み倒したのでもなく、銀行には筋を通したことになるのて任意売却そのものは、健全な方法といえます。

 

連帯保証人に対しても、精神的な不安は与えるものの、金銭的な負担を強いることがないため、表立った迷惑行為ではないといえます。

住宅ローンと任意売却 誰にも迷惑をかけない方法関連ページ

住宅ローン減額ができない時のリースバックの選択
住宅ローンが払えない状態になる前に、必ず生活費の見直しをオススメします。債務整理や任意売却などの方法は二の次としても、住宅ローンという固定出費の捻出をやってみることです。ここで、絶対に行ってならないのが、消費者金融などからの借入です。 住宅ローンの支払いのために借入をすることだけは厳禁です。
競売ではなく任意売却の選択
住宅ローンは多額です。毎月の返済が大変になってきたとしてもね、滞納をしてしまうと競売で、家を失うリスクがあります。債務者が団体信用生命保険の対象になる以外の返済不能では、容赦なく家は失ってしまいます。金融機関にとっては、競売になることは不本意なのです。
住宅ローン滞納のその後
住宅ローンが払えないと すぐに退去しなければならない事はありません。住宅ローンは、たいてい毎月の返済額が決まっていて、それを1回までは、次の月に2ヶ月分の返済で解決ができます。ただし、2回滞納してしまった時点で、いきなり残額一括返済の請求がきます。この時点で2ヶ月経っています。
任意売却のメリットとデメリット
住宅ローンが払えない時の任意売却ですが、メリットはとても大きいです。中でも、買い手の承諾があれば、その家に住み続けることできるかもしれません。実際に、不動産会社では、リースバックの形で、競売前の任意売却の物件で手広く賃貸をしているところもあります。
家は残らないけれど、住宅ローンが完済できる任意売却
住宅ローンが払えない状態になった時には、どのようなことが起こるのかはだいたい想像がつくと思います。銀行などからの請求、保証会社からの請求を経て、競売物件になってしまいます。この時に注意しなければならないのが、連帯保証人がいる場合です。
住宅ローンが払えない時に行うことと言えば
住宅ローンの返済が負担と感じられるようになったときには、銀行など金融機関へ相談に行きましょう。返済額を小さくしたり、返済期間を長くする、一時的に利息だけの支払いなどの対処がありますが、これは払えないのが一時的なものであり、これから先永遠に払えない状態が予想される場合は、相談内容は変わってきます。
任意売却でも売れないこともある
任意売却と言っても勘違いしないでほしいのが、売却価格です。2000万円で購入した新築だとしても、既にそれは中古住宅。使っただけ価値は下がりますし、2000万円では売れないです。
住宅ローン最中の家を売却するということ
住宅ローンが払えない時に、この家を売ってお金を作る。これができるのは任意売却です。しかし、勝手に動くことは絶対に出来ません。ローンの間は、金融機関が所有権があります。これは家だけではなく、車もそうです。カーローンなどは、ローン完済時に、名義を変えますが、家も同じです。