任意売却 売れない

任意売却でも売れないこともある

任意売却と言っても勘違いしないでほしいのが、売却価格です。
2000万円で購入した新築だとしても、既にそれは中古住宅。
使っただけ価値は下がりますし、2000万円では売れないです。
また、不動産会社が仲介することになりますから、普通の住宅購入同様に多額の手数料もかかります。
もちろん儲けのための売却ではないのですが、できれば少しでも高く売却をして、手元に残るお金はほしいところですが、幾らで売却できるかは不明です。
また、ある方は、任意売却として、1年間近く売却できずに困っている方も。

 

任意売却はすぐに売れるものではないという点においては、いくつか疑問が出ます。
住宅ローンが払えないので、任意売却をする。
その売却価格で、残債務を一括返済をするのですが、その返済中止している間も残債務は増えます。
その分遅れて支払うことになりますから、遅延損害金なども発生してしまい、残債務は増加してしまう計算です。
ですから、できれば一刻も早く売却することが理想ですが、なかなかうまく行かないこともあります。

 

売却価格は不動産会社が提示するのですが、売却できないとだんだんと下げていくことになり、最悪住宅ローンの一括返済もできない事態になることもあります。
ただし、競売よりは高い場合には、任意売却を待つしかないでしょう。
しかし、本当に売却できない判断された場合は、任意売却を諦めることもありますが、その判断などについては、不動産会社とよく話してから決めることです。

任意売却でも売れないこともある関連ページ

住宅ローン減額ができない時のリースバックの選択
住宅ローンが払えない状態になる前に、必ず生活費の見直しをオススメします。債務整理や任意売却などの方法は二の次としても、住宅ローンという固定出費の捻出をやってみることです。ここで、絶対に行ってならないのが、消費者金融などからの借入です。 住宅ローンの支払いのために借入をすることだけは厳禁です。
競売ではなく任意売却の選択
住宅ローンは多額です。毎月の返済が大変になってきたとしてもね、滞納をしてしまうと競売で、家を失うリスクがあります。債務者が団体信用生命保険の対象になる以外の返済不能では、容赦なく家は失ってしまいます。金融機関にとっては、競売になることは不本意なのです。
住宅ローン滞納のその後
住宅ローンが払えないと すぐに退去しなければならない事はありません。住宅ローンは、たいてい毎月の返済額が決まっていて、それを1回までは、次の月に2ヶ月分の返済で解決ができます。ただし、2回滞納してしまった時点で、いきなり残額一括返済の請求がきます。この時点で2ヶ月経っています。
任意売却のメリットとデメリット
住宅ローンが払えない時の任意売却ですが、メリットはとても大きいです。中でも、買い手の承諾があれば、その家に住み続けることできるかもしれません。実際に、不動産会社では、リースバックの形で、競売前の任意売却の物件で手広く賃貸をしているところもあります。
家は残らないけれど、住宅ローンが完済できる任意売却
住宅ローンが払えない状態になった時には、どのようなことが起こるのかはだいたい想像がつくと思います。銀行などからの請求、保証会社からの請求を経て、競売物件になってしまいます。この時に注意しなければならないのが、連帯保証人がいる場合です。
住宅ローンと任意売却 誰にも迷惑をかけない方法
住宅ローンが払えないと、金融機関では、再三請求をした後、債務者ではなく連帯保証人経同じ請求をします。そのときに、そんなのは知らないといったとしても、連帯保証人の責務能力は債務者と同じですから、逃げることはできません。夫婦で住宅ローンを組んだ時に、夫が債務者本人で妻が連帯保証人になることは多いです。
住宅ローンが払えない時に行うことと言えば
住宅ローンの返済が負担と感じられるようになったときには、銀行など金融機関へ相談に行きましょう。返済額を小さくしたり、返済期間を長くする、一時的に利息だけの支払いなどの対処がありますが、これは払えないのが一時的なものであり、これから先永遠に払えない状態が予想される場合は、相談内容は変わってきます。
住宅ローン最中の家を売却するということ
住宅ローンが払えない時に、この家を売ってお金を作る。これができるのは任意売却です。しかし、勝手に動くことは絶対に出来ません。ローンの間は、金融機関が所有権があります。これは家だけではなく、車もそうです。カーローンなどは、ローン完済時に、名義を変えますが、家も同じです。