病気で住宅ローン 払えないとき

病気で住宅ローンが払えないとき

住宅ローンの払えない理由で、病気で休職していたり、収入が大きく減少してしまうこともあります。
そのときには、銀行などの金融機関に必ず相談をしてください。

 

住宅ローンを組むときに、保険に入ることになりますが、団体信用生命保険ですが、これはもし契約者が支払いができなくなったときに代わりに支払いができる保険です。
この時に死亡だけが対象になっている場合もありますが、その他疾病のなかに、発病している病気があれば、住宅ローンの支払いがなくなるか少なくなる可能性があります。

 

すべて弁済と言うのは、死に関係したり重篤なものですが、数年間の免除などの対応があります。
ですから、本当に払えないというとき、それが病気であるときには、相談をしてみてください。
そして、その時の保険内容で、入金給付金等があるときには利用ができます。
この点については、しっかりと利用して給付金を受け取るようにしてください。

 

最近の住宅ローンでは、こうした保険の他に病気をした時のサポート保険金なども充実しています。
住宅ローンが払えないのが病気である場合、このような付加価値のある住宅ローンの場合は安心です。
ただし、このような住宅ローンの場合、当然返済額は高いものが多いですが、それでももしものときがあると、何かと安心だからと契約する方は急増しているようです。