住宅ローンが払えない 競売になってしまう?

住宅ローンが払えないとすぐに競売になってしまう?

住宅ローンを払えない事実は、早急に何かの手段を打たなければならないことです。
まずは返済している金融機関に相談をしてください。
この時に、“払えない”ときではなく、“払えそうにない”ときに行くのがベストです。
住んでいる家、今の生活を失うかどうかの瀬戸際です。
早めの対処が功を奏すことが多いです。
金融機関によっては、今後の返済能力によって、直ぐに対応することが多いです。
支払いの金額を下げたり、返済期間を長くするなど、ムリのない住宅ローンの書き換えをすることで解決することもあります。

 

住宅ローンの借金をする時に連帯保証人などがいる場合、その人には迷惑をかけたくないなどの事情があることも多いです。
そのあたりもしっかり対応してくれますから、とにかく払えなくなる前に行くのがポイントです。

 

住宅ローンを組んだ金融機関としては、最初に保証会社と契約をしています。
もちろんその保険料も住宅ローンに入っていますが、滞納が続くと、金融機関はそこから返済をしてもらうことになります。
そして、住宅ローン滞納後、いきなり一括返済の請求書がきますが、これは既に保証会社に譲渡された形になってしまいます。
それも、金融機関としても回避したいことですが、滞納後ですとこの対応しか解決法はないのです。

 

ですから、その前に必ず今後のことを話しましょう。
そして、もし、これからの返済がムリなのであれば、こちらの同意のもと、家の競売を考える事になります。
いきなりの一括返済の事態を避けるのと、同意のもとの競売ですと、払えない方が悪いのですから、諦めも付きます。