任意売却 連帯保証人

任意売却と連帯保証人

住宅ローンが払えない、または払えなくなりそうだという方には、任意売却が良い選択な場合があります。
そのときには、必ず任意売却相談に行くことをお勧めします。
連帯保証人が付いている住宅ローンの任意売却は、連帯保証人の同意も必要です。
住宅ローンその連帯保証人で、夫が契約、妻が連帯保証人と言うのは一般的ですが、その他親や親戚のパターンもあります。
しかし、中には親戚ではない場合もあるかもしれません。

 

連帯保証人は、債務者が返済不能になった場合に、債務者に変わって借金を払う必要があります。
ところが、任意売却で勝手に安く売却してしまうことで、連帯保証人がもっと高い価格で売れたかもしれないのにと困る事になります。

 

任意売却での不動産売却金代金は住宅ローンの返済に充当されます。
連帯保証人になってもらうときには、「絶対に迷惑をかけないから」というのは常套句です。
任意売却に関しては、その意図とそのごの展開について良く連帯保証人に節目うをして同意を得ることが不可欠です。

 

ですから、必ず専門業者を交えて行うことが最低限必要になります。
妻や親が連帯保証人である場合は話せばわかることですが、それ以外の場合はきちんと納得をしてもらい、最小限度迷惑をかけない方法を取る必要があります。

 

任意売却で、結果的に連帯保証人には1円の出費もなかったというのが理想形ですし、専門業者などはきちんと考えてくれます。
そして、リースバックなどで、その家に住み続ける事ができることもあることから、連帯保証人の同意とその先の良好な関係は維持させたいものです、

任意売却と連帯保証人関連ページ

住宅ローンが払えない方に3つの選択
住宅ローンが払えない時の選択は3つあります。・そのまま返済せずに競売物件で退去,・債務整理の個人再生を選択して、住宅ローンの完済を目指す。・任意売却をして、住宅ローンの完済をする
とにかく住宅ローン完済だけは目指したい方
夢にまで見たマイホームは何がなんでも手放したくない。債務整理をしなくてはならないほどの借金を抱えた方でも、個人再生を選択することで、それが可能です。ずっとこの家に住み続ける、住宅ローンは守るとの強い意志があれば、叶う事もあります。
リースバックは得する人ばかり?
リースバックは、もともと会社間では良く行われているビジネス用語の一つです。それが一般的になってきたのは、債務整理関係の話からです。仲介役の不動産や専門業者としたら、売買によって手数料の利益があることで、その物件がどんなものであろうと、条件さえ整えば良いわけです。