住宅ローン 滞納6ヶ月 限度

住宅ローンの滞納は6ヶ月が限度

延滞の状態が続いたままで許されるリミットは、金融機関によって異なってきますが大体にして6ヶ月だと言われています。
6ヶ月滞納の状態が続くと金融機関は「この人にはローン返済の意志がない」と判断し、ある期限までに「『借り手は期限の利益』を喪失します」という文面で通告してきます。
これはローンの返済方法の契約の破棄し、契約の返済を認めずに一括返済を要求することを意味します。

 

「どうせ返せないから」と開き直りを決め込んでいると、知らない間に競売への手続きがなされ、気がついたら家や担保不動産を差し押さえられていた…という悲劇を生んでしまいます。あとから返済のめどが立ったからまとめて返済しますと訴えたところで、競売への段階に進むともう後戻りは出来ません。
よって、「ローン返済が厳しい」と感じたら早めに専門機関に相談し、対策を立てることが重要になってきます。

 

早め早めの対応が返済地獄から逃れられるチャンスに繋がるのです。

 

相談の目安として住宅ローンの滞納が2ヶ月続き今後も支払いが出来る見込みがない場合は、その時点での任売無料相談をおすすめします。 早ければ早いほど任意売却が成立しやすのは経験上いえることです。