払えない 住宅ローン マイホーム 貸す 借りる

払えない住宅ローンのマイホーム 貸すこともできるが借りるもできるってどういうこと?

住宅ローンを払えない状態になった時に、様々な手段があります。
もし、立地条件が良い物件にお住いの方は、人に貸すの一つの手です。
家賃収入を得ることで、住宅ローンに充てることなのですが、一応手続きなどは大変なことですが、解決方法としてはありでしょう。

 

そうではなく、人に貸すこともできず、他の借金も抱えて、とにかく返済が困難な場合は、別の方法を考えなければなりません。まずは金融機関に相談です。この時、まだ住宅ローンを滞納していないことが、その後の対応が変わってきます。

 

金融機関では、住宅ローンの返済が困難な場合、柔軟な対応をしてくれるようになりました。一見、親切なことですが、金融機関は「損がない」対応はすぐに行ってくれるだけです。要するにも、たいていのこのような対応は、債務者の返済総額が大きくなるようになっています。住宅ローンの契約の書き換え、返済期間の延長、返済額の軽減などをした時に、金融機関が儲かる仕組みになっています。それでも、住宅ローンが存続するのなら、従うしかないことでしょう。

 

しかし、そのような対応をしてもらっても、払えないというときには、金融機関の態度は競売の手続きを取ることになります。そこで、そうなる前に任意売却を考えてみましょう。任意売却では、マイホームは失う覚悟の上ですが、競売と大きく違うのは、高く売却できる可能性が高いことです。任意売却については専門業者がいますから、そこに相談をすることで、債権者との交渉などを任せましょう。

 

そこで、任意売却は市場での売却をしますが、その買い手が親族だったりする場合、そのまま住み続けることも可能です。買い手が任意売却のマイホームを手にすると同時に、住宅ローンなり、その家の代金を支払うことになります。そこに住み続ける事ができるのは、その方に家賃として支払いを続けるのです。そうすることで、一定の金額の支払いをすることで、再び所有権譲渡の話もないわけではありません。

 

夢のような話ですが、もし住宅ローンが払えない状態になれば、こんな方法で将来的に自分のものになるかもしれないという任意売却の方法もあることを覚えておくと良いでしょう。もちろん100%の保証もありませんし、住み続けることが前提ではないのですが、払えない住宅ローンの家を絶対に手放さなくてはならないということでないということです。信頼できる任意売却専門業者の出会いと立地条件が揃ったときに実現する話です。