住宅ローン 払えない 人 割合 多く

住宅ローンが払えない人の割合が多くなっている

住宅ローンが払えない方の中には、自己破産をしてしまう方もいます。住宅ローンだけが原因ではないこともありますが、毎年数%の割合で増加しています。現在、低金利ともうすぐ消費税が上がるという要因から、住宅購入をする方も増えていますし、もう既に住宅ローンの支払いをしているけれど、急に仕事がなくなって収入を減らしている、病気になって働けないなどの様々な事情があります。

 

金融機関としては、住宅ローンを組むということは大きなリスクを背負うことになります。自己破産をしてしまった場合、住宅ローンの返済総額の回収はできませんし、競売物件として売却をしたとしても、まだまだ不足分は多いです。ですから、審査なども厳しくして、誰にでも住宅ローン契約はしないのですが、たとえ会社経営者だとしても、明日の事はわかりません。

 

住宅ローンを組むときに、給料に対するローン返済の割合の返済負担率は30%以下が限度だと言われています。最初からわかっていたことですが、途中で給料が下げることがあれば、この割合を下げるなどの工夫も必要で、なんとか完済まで頑張ることが必要です。

 

しかし、どうにもこうにもならないときには、住宅ローンを活かすのではなく、自身の日常生活を守ってください。住宅ローンを含む借金が給料の範囲内で払えないときには、債務整理もありますし、ある程度の一定の収入が見込めなら、個人再生を選んだり、任意売却などの方法で、家を残したり、売却をしたとしても、その後の生活をすぐに確保できることが多くあります。

 

住宅ローンが払えないと相談に行くのは金融機関ですが、同時に任意売却専門業者や弁護士などにも相談をし、あらゆる対処法を考えましょう。